自宅学習とスクーリングで卒業を目指す学校

高校は多くの人が進学するものの今のところ義務教育ではなく、自分の意思で入学しないといけませんし卒業要件を満たさないと卒業もできません。全日制の高校だと学校側が授業を用意してくれるので、通学をしてテストなどで評価を受けていれば自然に卒業できるでしょう。通信制高校は授業は学校が用意してくれるわけではなく、自分の希望する科目を選択して自宅などで自分で勉強します。日常的な通学は必要ありませんが、スクーリングと呼ばれる面接授業に参加する必要があり、これによって出席の評価をしてもらえます。仕事が忙しい人や集団生活が苦手な人は毎日のように学校に通うのは難しいかもしれません。でも、通信制高校は通学の負担が少ないので卒業できる可能性が高まります。

科目の単位と行事への参加が必要

高校では卒業要件が決められていて、これは全日制でも通信制でも同じです。必須科目に関する単位を全て取得し、選択科目で卒業に必要な単位数を満たせば単位に関する卒業要件に達します。しかしそれだけで卒業できるわけではないので注意が必要です。通信制高校は日常的な通学が無く、授業の出席はスクーリングで行うしかありません。このスクーリングの時にクラブ活動や体育祭、その他修学旅行などがあり、これらの行事に参加しないと卒業ができない仕組みです。せっかく科目の単位は取れたのに行事に一切参加しなかったために卒業要件を満たさない場合があるので、参加しやすい行事で卒業要件を満たすと良いでしょう。後に残してしまうと大変なので、毎年少しずつ行事に参加しておくと良いでしょう。

通信制高校を名古屋で探そうと考えているなら、理美容に強い、スポーツ教育が盛ん、声優や芸能に強い等、様々な学校があります。将来進みたい道につながるカリキュラムがある学校を選べます。